• 高血圧 運動

適度な運動をする

高血圧の食事療法と並行して運動療法で血圧を下げることも大切です。生活習慣の改善の一つに運動療法があります。適度な運動を習慣的に行うことで、高血圧の改善に大きな効果が期待できるのです。高血圧の生活習慣の改善では食事療法、特に減塩が注目されますが、運動療法も大きな効果があります。特にⅠ度高血圧(140-159/90-99mmHg)であれば、降圧薬を使わないで運動と食事療法で血圧を下げることも可能です。

適度な運動は心臓や肺の働きを向上させて血液の循環を促進します。この適度な運動を継続することで体の各部の機能が鍛えられてきて、血圧だけではなく肥満や脂質異常症、糖尿病など生活習慣病全般に対して良い影響があります。

高血圧の人に向く運動には有酸素運動(エアロビクス)があります。有酸素運動は十分に酸素を取り込みながら行う運動で、ウォーキングやサイクリング、水泳などが該当します。しかし、無酸素運動は一時的に血圧を上昇させるので高血圧の人には危険ですからこの区別には注意してください。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ