• 高血圧 薬

薬は血圧が高いときだけ飲めばいい?

高血圧の治療は基本的には食事の改善と、適度の運動を取り入れて行いますが、それだけでは血圧のコントロールができない場合は薬物療法を行います。この際、血圧の薬(降圧薬)は一度飲み始めたら止めることができないと認識してください。血圧を下げる降圧薬(降圧剤)は、色々な種類があり人それぞれの症状に合わせて処方されます。しかし、食事療法、運動療法を行いながら、薬物療法を取り入れますから降圧薬だけで血圧がコントロールできるのではありません。

降圧剤は決められた時間に、決められた量を服用することです。例えば、飲み忘れたから次の分と合わせて服用すると血圧を下げすぎることがあります。また、血圧が高い時だけ降圧薬を服用することもいけません。つまり、不規則な降圧薬の飲み方をすると血圧をコントロールできず変調を来してしまいます。また、降圧薬は市販の薬との飲み合わせが悪いものもありますから、風邪薬の場合でも医師の処方に従いましょう。

繰り返しますが降圧薬は例え血圧が低くなっても服用するようにして、服用を止めたり再開したりするようなことはしてはいけません。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ