• 高血圧 食生活

高血圧になりやすい日本の食生活

現在、日本には約4,000万人の高血圧患者がいると言われていますから高血圧は国民病です。この一つの原因が古くから塩分の摂取量が多い日本人の食生活です。つまり他の国と比較すると日本人の塩分摂取量が多いのです。一日あたりの塩分摂取量はヨーロッパで 5~6g、アメリカが多いと言われていますがそれでも8~10gです。ところが日本は11~13gです。これは味噌や醤油などの伝統的な調味料、さらには漬物など塩分に高い保存食が原因の一つとして考えられています。しかし、最近では加工食品や外食の塩分の高さにも注意を払うことが必要です。

適切な塩分量として厚生労働省では1日10g未満としていますが、WHO(世界保健機関)ではその約半分の6g未満を勧めています。ところが、塩分を多めに摂取しても血圧が上がらない人もいるのです。それは塩分の摂取に対して血圧に影響を受けやすい食塩感受性タイプの人と、それほど影響しない食塩非感受性タイプの人に分けられるからです。

ただし、非感受性タイプだと高血圧にならないと言う訳ではありません。塩分以外にもその他の生活習慣によって高血圧になる可能性があります。しかし、高血圧の大きな要因は塩分の摂り過ぎですから日頃から塩分は控え目にすることです。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ