• 血圧

血圧のしくみ

血圧とは、心臓から体中に送られる血液が血管壁を押す力のことです。心臓はポンプの動作で血液に圧力をかけて血管へ送り出します。送り出された血液は動脈を通って全身の細胞に酸素や栄養分を運びます。次に、静脈は体中を巡って老廃物などを回収する役割をしながら再び心臓に戻ってきます。このような心臓による血液の循環で人間の生命は維持されています。血圧とは、このように血液の圧力によって血管壁を押す力のことで、心臓から送り出される血液の量(心拍出量)と、血管の硬さ(血管抵抗)によってその力が決まります。つまり心臓から送り出される心拍出量が大きくなれば血圧は上がり、血管の抵抗、すなわち血管抵抗が小さくなれば、血圧は下がるという関係なのです。

血圧のしくみはこのように極めて単純なものですが、血圧を測定する際には、二つの数値があります。それは上の収縮期血圧(最大血圧)と下の拡張期血圧(最小血圧)です。心臓は収縮と拡張を繰り返すポンプのような働きで血液を送り出していますから、心臓が縮んだ時には血液が送り出され、血管に高い圧力がかかります。これを収縮期血圧(最大血圧)と言います。反対に、血液を送り出した心臓が拡張して、肺などから血液を吸い込みますが、この時に血圧は最も低くなります。これを拡張期血圧(最小血圧)と言います。そしてこの最大血圧と最小血圧の差を脈圧と言います。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ