• 降圧薬 咳

降圧薬で咳が出るのはどうして?

高血圧の薬物治療で血圧を下げる降圧薬(血圧降下剤)できつい咳が出ることはよく知られていますが、これはACE(エーシーイー)阻害薬と呼ばれる降圧薬を服用すると起こります。しかし、咳はこの薬を服用している人の誰にでも起こるわけではなく、咳が出る頻度も薬によって異なりますが、服用者の数パーセント程度に咳が出ます。

咳が出るのは降圧薬の一種の副作用と考えましょう。この薬が処方される場合には、咳が出ることがあります、と注意があります。ここで問題なのはこの種類の薬を飲んでいることを知らないで咳が続く場合です。服用している人は降圧薬のために咳が出ることに気がつかないでその高圧薬を飲み続け、咳が止まらないことです。咳がひどい場合には医師に相談しましょう。

ACE阻害薬は優れた血圧降下剤ですが、咳が止まらない場合には他の降圧薬に変更しなければなりません。降圧薬を服用している人は咳が出るからと呼吸器科を受診する前に降圧薬をチェックしてみましょう。また、咳のために受診する際には現在飲んでいる薬は全部持って行くようにしましょう。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ