• 血圧 正常値

血圧の正常値

血圧の正常値は昔から一定ではなく時代によって変わっています。現在の血圧の正常値は心臓の収縮期血圧である上が130mmHg未満で、心臓の拡張期血圧である下が85mmHg未満とされています。そして簡単に言いますと、このバランスの数値で上が140mmHg以上で下が90mmHg以上を高血圧です。なお、高血圧はさらにⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度に分けられています。

WHO(世界保健機関)/ISH(国際高血圧学会)、米国高血圧合同委員会による分類が血圧の基準として広く採用されています。日本では、日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインが2009年1月に改訂されています。なお、このガイドラインでの血圧とは、診察室血圧(病院・保健所等で医師・看護師により測定された血圧)であり、個人が家庭で測定した数値ではありません。

補足として血圧の基準値を見てみますと上が120mmHg未満で下が80mmHg未満が至適血圧で理想的な数値です。家庭で測定した場合は上が125mmHg未満で下が80mmHg未満であれば正常値です。一方、上が180mmHg以上で下が110mmHg以上ではⅢ度高血圧で極めてリスクが高いことになります。家庭で血圧を測定した時に上が135mmHg以上で下が85mmHg以上であれば降圧治療の対象になります。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ