• お風呂 高血圧

お風呂で倒れないようにするには?

高血圧にはそれなりの入浴方法がありますから、それにしたがって入浴を心がければお風呂で倒れたりしないで済みます。まず部屋と浴室の温度差に注意しましょう。つまり脱衣する場所と浴室の温度に注意するのです。寒い時期はストーブなどで脱衣場を暖めておいて、浴室もシャワーなどを出して室温を上げておきましょう。

次に湯温は低めにしましょう。42℃以上の熱い湯は絶対にいけません。その理由は熱い湯の温熱効果で浴槽に入ってから2分間程で 血圧がすぐに30~50も上昇するからです。湯温は37℃~40℃にしましょう。 それから必ず掛け湯をします。掛け湯はぬるいシャワーでもかまいませんから手足の先から順に体の中心まで十分に掛け湯をしてください。また、入浴時間はぬるめのお湯に15分間程度です。汗が出てくる前に湯船から出るようにします。さらに、心臓にかける水圧の負担を軽くするために半身浴にしましょう。

したがって、お風呂で倒れたりすることがないようにするためには脱衣所と浴室を暖かくしておいて、掛け湯を十分にしてぬるめのお湯に半身浴で15分程度の入浴で血圧の上昇を防ぐようにすることです。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ