• 妊娠中の降圧薬

妊娠中の降圧薬は大丈夫?

妊娠の中期以降に血圧が上昇したり、ひどいむくみや急激な体重増加が見られる場合には妊娠中毒症が疑われて、降圧薬の処方で症状の改善を図ります。妊娠中毒症がひどくなり血圧が上がると早産や死産の危険が想定される場合もありますので、降圧薬を使用して血圧を正常に保つようにします。この場合、入院が必要になる場合が多いのですが、医師から処方された薬をきちんと飲むようにしましょう。

処方されるのは血管拡張性降圧薬ですが最近は処方されることが少なくなっています。ただし妊娠中の高血圧には豊富な使用実績を持つこの薬がよく使われます。なお、ACE阻害剤とAⅡアンタゴニストは使用禁忌になっています。妊娠中にどうしても血圧を下げなければならない場合は塩酸ヒドララジンやメチルドパが処方されます。また、妊娠の高血圧は降圧薬で血圧を下げなければなりませんが、この場合は妊娠中の使用実績が豊富なアルドメットやアプレゾリンが一般的に用いられます。ただし、重症の場合や効果が不十分な場合はカルシウム拮抗薬のアダラートなど強力な薬を使うこともあります。しかし、血圧が下がり過ぎると胎児には良くありませんから慎重に血圧を下げていきます。

なお、蛋白尿がひどい場合にはペルサンチンを、むくみがひどい場合には利尿薬のラシックスを用いることも考えられますが、利尿薬は胎盤の循環を悪くしたり胎児脱水を起こす恐れがありますから慎重に使用します。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ