• 高血圧 高齢者

高齢者の治療方法

高齢者で高血圧の場合には、若い人よりも注意しなければならない点がいくつかあります。また、それまでの長年にわたる生活習慣をすぐに変えるのは難しいので総合的な治療計画を立てる必要があります。通常、加齢では血圧が上がる傾向がありますし、動脈硬化が進むので拡張期血圧(下)が低くなり収縮期血圧(上)が高くなる傾向があり、血圧の変動も大きくなります。また、急に立ち上がったり、長時間立っていると、血圧が下がり脳への血流が不足して立ちくらみを起こしたりします。さらに脳や心臓などの臓器障害や合併症を起こす確率も高くなりますから注意が必要です。

高齢者で高血圧治療の降圧薬以外に複数の病院から治療薬をもらっている場合には、薬によっては降圧薬の作用を弱めてしまうものもありますから処方の際に、医師にきちんと降圧薬の情報を伝えるようにしましょう。

生活習慣の改善面でも長年の生活習慣を変えることは容易ではありませんが、無理のない範囲で生活習慣の改善を図り、早めに降圧薬を使用することも考えられます。高齢者の場合はどのように血圧を下げ、どのような治療をして、どのような生活をすれば良いのか、治療方針を医師とよく相談して決めることが大切です。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ