• 高血圧

高血圧とは

高血圧のことを考える前にまず血圧とは何かを知りましょう。 血圧とは心臓から血液を全身に送り出す圧力のことですが、心臓が周期的に収縮と拡張を繰り返すことで血管の内圧も周期的に変動します。そして心臓から断続的に送り出される血流は血管内で持続的な血流に変えられます。つまり血圧とは血液が動脈を押し広げようとする圧力のことなのです。

血圧は心臓が収縮するときに高くなり、心臓が拡張するときに低くなります。これを最高血圧(収縮期血圧)と圧力最低血圧(拡張期血圧)と言います。心臓が拡張して血液を吸い込むときの血圧は心臓が送り出す血液の量(心拍出量)と血液の流れやすさ(末梢血管抵抗)で決まります。この際、高血圧とは血管に強い圧力がかかりすぎている状態ですが、血圧は日常生活の様々な影響で常に変動していますから、たまに測った血圧がその時に高かった場合でもそれだけでは高血圧とは言いきれません。高血圧症とは血圧をくり返し測っても高血圧の基準値よりも高い場合です。

因みに日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインでは、収縮期血圧(最高)が140mmHg以上もしくは拡張期血圧(最低)が90mmHg以上の場合を高血圧と定義しています。血圧の評価(成人の血圧分類)を詳しく見てみますと、最高が120未満で最低が80未満は至適血圧、130未満と85未満が正常血圧、130~139または85~89では正常高値血圧、140~159または90~99だと軽症高血圧、160~179または100~109は中等高血圧、180以上または110以上が重症高血圧、最高が140以上で最低が90未満では収縮期高血圧となります。

これで見ると正常血圧は最高が130以下で最低が85以下と言うことですが、望ましい血圧(至適血圧)は120~80mmHg未満とされています。重症の高血圧は最高が180以上か最低でも110以上と言うことになります。血圧が高いということは血管の壁に内側からかかる圧力が大きいことで、この状態では血管の壁に悪い影響を与えることになり、様々な疾患を引き起こす原因になります。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ