• 降圧薬治療

降圧薬治療とは

高血圧と診断された場合、生活環境を見直して減塩などの食事療法や適度な有酸素運動療法を行って治療しますが、一定の期間を経てもその効果が不十分な場合、または症状が進んだ高血圧の場合には降圧薬が処方されます。高血圧の血圧を正常値まで下げるのが降圧薬ですが、降圧薬にはカルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、アンジオテンシンII(A-II)受容体拮抗薬、利尿薬、交感神経抑制薬の5つのタイプがあります。

カルシウム拮抗薬は血管を作っている平滑筋細胞にカルシウムが入り込まない様にすることで血管を拡張させて血圧を下げます。ACE阻害薬はアンジオテンシン変換酵素阻害薬で、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡが出来るのを抑えて血圧の上昇を防ぎます。アンジオテンシンII(A-II)受容体拮抗薬はA-Ⅱ受容体に結合して血管収縮、体液貯留、交感神経亢進を抑制します。利尿薬は腎臓に働きかけることでナトリウムと水分の排泄量を増やし、体液量や循環血液量を減らして血圧を下げます。交感神経抑制薬にはα遮断薬とβ遮断薬がありますが、α遮断薬は末梢血管の収縮を抑えて血管を拡張させることで血圧を下げます。β遮断薬は心拍数と心拍出量を抑えることで血圧を下げます。どのような降圧薬を使用するかはともかく降圧薬は使用を始めてからは自分勝手に服用を止めたり、量を変えてはいけません。

最近の降圧薬は一般に副作用が少ないのですが、降圧薬の副作用は薬によって異なります。しかし、頭痛や顔面潮紅、ほてり、倦怠感や脱力感、動悸や性機能低下、空咳などの症状が出た場合には直ちに医師に相談しましょう。ここで認識しておかなければならないのは降圧薬は高血圧を根本的に治療する薬ではなく、血圧のコントロールを通じて動脈硬化や脳卒中、心臓病などを予防するための薬だと言うことです。したがって、血圧が下がっからと勝手に服用を止めたり、服用量を減らしたりしてはいけません。そして、降圧薬を飲んでいても食事療法や運動療法を継続することが必要です。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ