• 降圧薬 副作用

降圧薬の副作用

高血圧の治療には降圧薬を使用しますが、このような薬物療法には何らかの危険性を含む副作用があることは認識しておきましょう。当然、安全性が高い降圧薬も開発されていますが、副作用が全くないとは言い切れません。 したがって、その高血圧の原因がはっきり判明していて、その原因を取り除けば血圧が安定する場合には降圧薬は極力処方しないのが通常です。

降圧薬がやむを得ず処方されるのは血圧が高すぎて危険な場合や糖尿病などの疾患があり、高血圧の状態が続くと生命にリスクがあるような場合です。しかし、降圧薬は高血圧そのものを治療するのではなく、血圧を下げて正常値にするためですから、血圧の低下は一時的なものと考えましょう。降圧薬を使用して血圧を下げているのですから、降圧薬の服用を止めると血圧は元通り高くなってしまいますから降圧薬は継続して飲み続けなければなりません。

降圧薬の副作用は様々ですが、頭痛や顔面潮紅、ほてり、倦怠感や脱力感、動悸や性機能低下、空咳などの症状が出る場合があります。また、降圧剤の使用は血圧を下げ過ぎる危険性もあります。いずれにしても、体調に異常を感じた場合には速やかに医師に報告して相談することが大切です。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ