• 高血圧 病気

高血圧から発症する病気

高血圧と診断されてそのままにしておくと、いわゆる合併症を発症するリスクが極めて高くなります。合併症は脳や心臓、腎臓などに関係するものですが、動脈硬化が進む結果です。脳梗塞は脳の動脈が動脈硬化を起こしている部分に血栓(血のかたまり)が詰まるために発症します。血流が止まると酸素や栄養分が供給されないので脳細胞が壊死を起こして脳に重大な障害をもたらしますが、軽い症状から重い場合には言語障害、片マヒ、時には意識不明に陥ります。脳梗塞にはアテローム血栓性脳梗塞があります。これは心臓などでできた血栓が脳へ流れて血管を詰まらせることが原因です。ラクナ梗塞は脳の深部にある最小動脈の血栓が原因です。

そして、脳内出血やくも膜下出血は前ぶれがなく突然起こります。脳にある無数の毛細血管が高血圧のために動脈硬化を起こしたり、血管がふくらんで動脈瘤を作りますが、これが破裂すると脳内出血が起こるのです。脳内出血が起きる前に頭痛や吐き気などを感じることもありますが、多くの場合は自覚症状がなく突然起こります。そして、手当が早くて運良く一命を取りとめても、言語障害や半身麻痺などの後遺症が残ることが少なくありません。同じ脳出血で死亡率の高いものにくも膜下出血がありますが、脳を包む細い血管に動脈瘤ができてそれが破裂して起こるものです。

高血圧と心臓に関する病気では高血圧のために心筋が厚くなる心肥大があります。血圧が高いと心臓が強い力で血液を送り出しています。そのために心筋が大きくなり、心臓の壁が厚くなってしまうのです。そして、これが続くと心臓の機能が低下して心不全になり、動悸や息切れ、呼吸困難などに陥り、生命にも関わることになります。次に、心臓への血流が一時的に滞る狭心症があります。動脈硬化で心臓の冠動脈の内腔が狭くなると血液の供給が大幅に低下した状態、つまり狭心症になります。この場合、発作が起きると胸に締めつけられるような痛みや圧迫感が起きます。多くの場合そのまま安静にしていると数分で収まりますが、発作が起きた時にニトログリセリンまたは硝酸イソソルビドを舌下に含んで治療します。

一番怖いのが強烈な痛みを伴い突然死の原因になる心筋梗塞です。心筋梗塞は冠動脈がさらに細くなったり血栓が詰まって血液が供給されない部分が壊死する病気です。胸部に強烈な痛みがある発作でショック状態に陥ることもあり、最初の発作で30%が死亡し、半数以上は1時間以内に死亡します。心筋梗塞は高血圧の合併症としては最も警戒すべき疾患と言えます。

高血圧による合併症には腎障害もあります。これは動脈硬化が腎機能を低下させる腎障害・腎硬化症です。腎臓の小動脈が高血圧で動脈硬化が進み腎機能を低下させますが、これが腎障害・腎硬化症です。腎不全にまで進行すると、だるさ、むくみ、食欲不振などを発症し、血圧がさらに上がります。その他には糖尿病があります。高血圧の人は、通常の2~3倍も糖尿病になりやすいのです。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ