• 血圧 測り方

血圧の正しい測り方

血圧は常に一定ではなく時間や環境によって変動します。ですから正確な数値を知るための血圧測定はきちんとした手順や環境を整えた上で定期的に測定しなければなりません。家庭で血圧を測る場合、血圧の数値は運動をしている時やその直後、または入浴中や仕事中など、状況によって変動します。したがって、血圧を正確に計るためにはいくつかのポイントに注意しましょう。

まず、体の力を抜いてリラックスすることが大切です。トイレへ行きたいのを我慢している時や外出直前のあわただしい時などに血圧は上昇します。また、測定前の1時間ほどは食事や入浴、運動は避けるようにします。さらに、血圧は心臓の高さにある上腕の血圧を座って計測した値が基準ですから必ず座って測定します。それから血圧は時間によって変動しますから、毎日同じ時間に測るようにしないと日々の血圧の変化は把握できません。そして、信頼できる血圧計を選択することが重要です。上腕部にカフを巻くタイプの血圧計が良く、手首や指先で測る血圧計では正確な測定が出来ない場合があります。

正しい血圧を測る手順で用意するものは、上腕で測る血圧計と、上腕を心臓と同じ高さにするために使用するタオルです。机の上にタオルを置いて上腕部が心臓と同じ高さになるように高さを調節します。次に反対側の手で、ひじのあたりを触って、脈を打っている部分(上腕動脈)を探します。腕に巻くカフには、長方形のゴムの袋が入っていますからこのゴム袋の中心を上腕動脈上に合わせます。カフは空気を完全に抜いて、カフの下端がひじの中心から指1本分上に来るように巻きます。この時指が1本入る程度のきつさで巻きます。それから血圧計のスイッチを押して測定しますが、測る際には、背筋を伸ばしてカフと心臓を同じ高さにし、腕には力を入れないようにします。

短期間で劇的に改善しました

高血圧改善

【 藤城式食事療法 】

キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日で血圧を下げることができる食事療法があるんです。 「日本食養の会」の会長である藤城博さんが考案した治療法で、その改善率の高さからテレビや雑誌でも取り上げられています。 高い治療費をいつまでも払い続けるより、まずは一度試してみませんか?

このページの先頭へ